アクセンチュア

第2回:タフでしなやかな、女性コンサルの働き方改革

アクセンチュア
(写真左から)マネジング・ディレクター 二宮 稔恵、マネジング・ディレクター 植野 蘭子、マネジャー 平井 麻祐子
PROFILE

(二宮)大学卒業後、大手通信企業に入社。主にネット系の事業企画を手掛ける。に入社。結婚後、夫の海外留学をきっかけに退職。現地でMBAを取得し、帰国後にボストン・コンサルティング・グループに入社、コンサルタントとしてのキャリアを踏み出す。その後、外資系IT企業での事業開発を経て2017年にアクセンチュアにジョイン。一児の母。

(植野)大学卒業後、大手自動車メーカーに入社し人事関連業務を担当。結婚後、夫の海外赴任をきっかけに退職し一度家庭に入る。コンサルへのキャリアチェンジを志し、2006年アクセンチュアに入社。製造、通信、金融など幅広い業界のクライアントに対する人事組織戦略、リーダーシップ開発、事業戦略、M&A支援などのコンサルティングを手掛ける。2度の出産を経て、2017年より現職。

(平井)大学院卒業後、EYアドバイザリー(現EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング)に入社、コンサルタントとしてのキャリアをスタートさせる。2016年にアクセンチュアへ転職してからも数多くのプロジェクトに携わり、2017年マネジャーに昇格。

目次
  1. -妊娠8カ月でMDとして入社
  2. -“かけた時間”ではない価値の出し方を模索
  3. -同じ職位の男性と比べない。自分は自分
妊娠8カ月でMDとして入社
世界最大の総合系コンサルティングファーム「アクセンチュア」は、クライアントの多岐にわたる課題を解決するために様々なバックグラウンドを持つ人材が活躍する組織でなければならないとの考えから、先進的なインクルージョン&ダイバーシティ活動を推進していることで知られます。そこでインタビュー特集第2弾となる今回は、アクセンチュア・ストラテジーで活躍されている3名の女性コンサルタントにご登場いただき、アクセンチュアでの働き方、女性としてのキャリア観などについて語っていただきました。
まずは皆さんのご経歴と、今取り組んでらっしゃるお仕事についてお話しいただけますでしょうか。
二宮
私は2017年にマネジング・ディレクター(以下MD)としてアクセンチュアに転職しました。もともとは新卒で通信サービス会社に入社した後、BCGで9年ほどコンサルタントをしていました。一度コンサルを離れてデジタル関連の仕事がしたいと思い、外資系IT企業に移りましてディレクターとしてIoT関連の新規事業開発に携わっていたのですが、うちならもっと面白いことが出来るよ、とお声掛けいただいたのがアクセンチュアでした。ただ、話が進む中で妊娠が分かりまして、私としては当然辞退しようというつもりでお話したら、予想に反して全く問題ないとのお返事をいただきました。結果として、妊娠8カ月でアクセンチュアにジョインしました。入社してすぐに産休に入るのに受け入れていただけるというのであれば、安心して働けるなと思い入社を決めました。
妊娠されている最中に転職する、というケースは初めて聞きました。
二宮
そうですよね。さらに私の場合はMDという責任ある立場で入社するので、産休明けにちゃんとやっていけるという確信が持てるかどうかもポイントでした。ですが、入社前に実際にアクセンチュアで働いている女性コンサルタントの方と何人もお会いさせていただいて話を聞いていくうちに、徐々に納得感が高まっていきました。今はもともとやりたかったデジタル系の戦略プロジェクトに携わることが多いので、やはり入社して良かったと思っています。
ありがとうございます。続いて植野さん、お願いいたします。
植野
私は新卒で国内の自動車メーカーに入社しました。グローバル展開が急激に加速しているころで、それを人事面から支える仕事に携わっていたのですが、アメリカに赴任することになった夫についていく形でその会社を退職しました。赴任を終えて帰国してから、次第に働きたいと思うようになり、1年半ほどの専業主婦生活にピリオドを打ち、再就職することにしました。さてどこで働こうと考えた時に、今後も今回のようにプライベートがトリガーになってキャリアを変える可能性があることを考え、出来る限り短い期間で高いスキルを身につけられる職業がいいと思い、戦略コンサルタントを目指すことにしました。いくつかのファームからオファーをいただけたのですが、その中で自分のことをもっとも厳しく見定めた上でポテンシャルをしっかり見てくれていると思ったのがアクセンチュアで、ここに入社しようと決めました。アナリストで入社して、マネジャーの時に子供を2人産みました。ここ8年ほどは子育てをしながらキャリアを積み、2017年にMDになりました。担当するプロジェクトとしては、人事組織改革やリーダーシップ開発、M&A支援などが多いです。
結婚をきっかけにコンサルティング業界を離れていく、という女性も多いかと思うのですが、植野さんは逆だったんですね。
植野
専業主婦だった時期に「働きたいなら、とにかくスキルをつけないと。頼れるものは自分のこの身一つしかない」ということを強烈に思ったんですね。当たり前ですが、誰も自分のキャリア、生き方に責任は持ってくれない。それを実感して、早くスキルを身につけなければと考えていました。

二宮
私も似た経験をしています。実は、最初の会社を辞めたのは留学する夫についていくためだったんです。日本に戻ったらまた働くつもりでしたが、ただ行って帰ってきただけでは企業は受け入れてくれないと分かっていたので、自分のスキルを上げないといけないと思って自費でMBAをとって、帰国後にコンサルタントになりました。

植野
そうなんですよね。経験上、事業会社ではスキルが身に付くまでに時間がかかるというのは、身に染みて分かっていました。これは真剣に考えないと、ある程度の年齢になった時に労働市場で価値がなくなるんじゃないか、ということを実感したんです。それがコンサルタントというキャリアを歩む、すごく大きな転機だったかなと思います。

この企業の募集中ポジション

企業プロフィール

アクセンチュア

53カ国200都市以上の拠点に44.2万人を超える従業員が働く、世界最大級のコンサルティングファーム。日本では1995年に拠点を設立。2001年にアクセンチュアへ社名変更し、現在は9500人以上が所属する国内最大級のファームへと成長した。多くのブルーチップ企業、政府/公共機関に対して「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供している。

当サイト内のアクセンチュア 企業情報も、ぜひご覧ください。

関連記事