転職ケーススタディ

地方銀行の財務アドバイザリーから、日系大手信託銀行のストラクチャードファイナンス部門へ転職されたK・Iさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

K・Iさん(30代/男性)私立大学卒
BEFORE
[財務アドバイザリー]地方銀行
AFTER
[ストラクチャードファイナンス部門]日系大手信託銀行

K・Iさんは新卒で地元の地方銀行へ入社。入社後まもなく不良債権問題による金融不安を現場で体験、その経験により自身の発想をマーケット・顧客重視に転換させました。その後、財務アドバイザリーとして融資業務戦略の立案、案件発掘、審査、実行、アフターフォローを担当。また、在職中に半年間の海外研修も経験し、ファイナンス以外のビジネススキルも習得、幅広い視点から収益機会を見出し業績向上につなげました。その後、マーチャントバンキング業務領域において、個人としての専門性を深めることを目的に転職活動を開始しました。

成功のポイント

K・Iさんは、新卒時の採用でメガバンクに入社していてもおかしくない優秀な人材でしたが、将来的なビジョンにより地元への就職を選択されました。従前であれば、地銀から日系大手銀行への中途入社はごく限られたケースでしたが、予定調和的だった銀行業界の体質変化が、個人のキャリアに対してもその可能性を広げたように思います。
マーチャントバンキング業務などの領域において個人としての専門性を深め、経営に積極的に関与できるポジションを希望するK・Iさんと、ストラクチャードファイナンス部門の拡大を狙い、実行力とファイナンス知識のある人材を積極的に求めている大手信託銀行との目的がピッタリと一致した転職となりました。

今後のキャリアパス

今後は、部内での競争も激しく優秀な方々と切磋琢磨されることになりますが、持ち前の対人能力と論理的思考能力で、じっくりと結果を残されていくのではないでしょうか。ストラクチャードファイナンスのマーケットは、今後の拡大が期待されており、また広くコーポレートファイナンス市場で様々な形として応用されていくモデルであるかと思います。ここ数年での実績がその後のキャリアを広げるのではないでしょうか。

K・Iさんより

ゼネラリストの道を選ぶか、もしくはプロフェッショナルの道を選ぶか。この選択は業種、年齢に関わらず誰もが一度は考えると思います。私は後者を選択し、そのために転職という決断をしました。一方、転職にあたって重要となるのは、まずは自分の市場価値と将来的なキャリアについて認識することだと考えます。その点、アンテロープ社には随分ご協力をいただきました。特にコンサルタントとの事前ミーティングによりその点を明確に出来たばかりか、その後の採用段階での的確なアドバイスをいただいたことで、転職活動をスムーズに進めることが出来ました。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。