転職ケーススタディ

エンタメ系インターネット事業会社の開発ディレクターから、オンラインチケット販売会社の事業推進ディレクターへ転職されたM・Bさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

M・Bさん(30代/男性)私立大学院卒
BEFORE
[開発ディレクター]エンタメ系インターネット事業会社
AFTER
[事業推進ディレクター]オンラインチケット販売会社

M・Bさんは大学院を卒業後、中堅SierにおいてWEBアプリケーションのシステムエンジニアとして2年半勤務されました。その後、CDなどの販売を手掛けるエンターテインメント系オンライン事業会社で約4年間、自社WEBサイトのシステム企画、開発ディレクションを経験。数百万人の会員を抱えるWEBサイトのサービス開発、リニューアルにリーダーとして貢献してきましたが、ビジネスが安定期に入ったことで業務が徐々にルーティン化。もっと新しいビジネスへ挑戦したいとの気持ちを抱くようになり、転職を決意されました。

成功のポイント

M・Bさんは前職で、新規立ち上げプロジェクトを成功させるために、スタッフの立場でありながら幅広い領域でリーダーシップを発揮し、主体的にご自身の業務領域を拡大されました。その経験が自身のキャリアの強みとなり、事業開発や変革リーダーなど責任あるポジションで社外でも活躍出来る人材へと成長されたのだと思います。また、クリティカルなプロジェクトで社内外のスタッフと円滑なコミュニケーションを推進してきた経験が、面接においても担当者をグリップする対人能力に結びついているように感じました。新しい事業へ主体的に関わり変化していこうとする動機が、キャリアを停滞させず、市場で必要とされる旬な人材へと成長することに繋がったのではないでしょうか。

今後のキャリアパス

現職の企業はビジネスモデル、社内リソースなど大きな変革を求められております。その中で社外からのノウハウを持ち込み、世界的にも類のないオンラインビジネスを推進することは、大変ハードな業務であると思います。ただ、数年後にビジネスが軌道に乗った段階では、事業の中心的人物となり、現職の企業にとってもかけがえのない人材へと成長されていらっしゃると思います。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。