転職ケーススタディ「総合商社から外資系投資銀行へ」

総合商社の財務部門から、外資系投資銀行のデリバティブセールスへ転職されたD・Yさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

D・Yさん(20代/男性)私立大学卒
BEFORE
[財務部門]総合商社
AFTER
[デリバティブセールス]外資系投資銀行

大学(商学部)をご卒業後、大手総合商社において約1年間、投資先IT企業の営業支援、財務諸表の分析を担当されたD・Yさん。その後、財務部への移籍希望が受け入れられ、売掛債権の証券化やコマーシャルペーパーの発行、保有株式売買のサポート業務を約1年半の間担当されました。所属企業の業績が悪化にともない今後のキャリア構築に不安を感じるようになり、インベストメントバンクの前線で活躍して成長を実感したいとの思いから転職を決意されました。

成功のポイント

D・Yさんは、登録時25歳で社会人経験が2年半、未経験の外資系投資銀行へのチャレンジでした。そうした状況の中で最終的にオファーを得ることが出来た理由は、彼のオープンで前向きな人物的魅力、それと、これまでのご経歴におけるアピールポイントをご自身でよく理解されていたことだと思います。前職での売掛債権の証券化業務において、金融機関のストラクチャードファイナンス部門との交渉などを経験されておられました。そのような金融の人材マーケットで評価される経験、先方のニーズに適した経験にフォーカスしたアピールが功を奏したのではないでしょうか。D・Yさんのような優秀な人材は、総合商社や大手都銀などには数多くいらっしゃいます。ご自身のビジョンを明確にし、埋もれてしまう前にチャレンジした自立的なキャリア構築のスタンスが、今回の成功の原動力であったと思います。

今後のキャリアパス

D・Yさんのポジティブな人柄と向上心の強さにより、早い段階でチーム内の重要な役割を担っていかれるかと思います。今回の転職でご本人のビジョンに沿ったキャリアロードへ乗ることが出来ましたので、今後は事業部のヘッドを担う人材へと成長されていくのではないでしょうか。

D・Yさんより

「今の自分にできること」と「これからやりたいこと」とのギャップの大きさに悩み続けた、初めての転職活動でした。しかしながら今回第一志望の企業から内定をいただけたのは、そのギャップの大きさを自分が成長できる幅(余地)の大きさと捉えたことと、応募先企業の都合で連絡がなかなか来ない時や他企業からの内定が先に出てしまった時などに、アンテロープさんがタイミングよく企業と私とにフォローを入れ続けてくださったことがよかったのだと思っています。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。