転職ケーススタディ

外資系財務アドバイザリーファームのアナリストから、外資系投資銀行のM&Aアドバイザリーへ転職されたJ・Tさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

J・Tさん(20代/男性)私立大学卒
BEFORE
[アナリスト]外資系財務アドバイザリーファーム
AFTER
[M&Aアドバイザリー]外資系投資銀行

J・Tさんは私立大学を卒業後、新卒で日系大手金融機関に入社し、金融商品の販売促進企画などの業務に携わっていました。その後、外資系の財務アドバイザリーファームに転職し、企業価値評価を行う部門にてプロフェッショナルとしての経験を積まれてきました。

在籍していたファームがアンテロープの近隣にあったのと、時々サイト内コンテンツの「Major Players」を閲覧していたこともあって、アンテロープという会社の存在自体は以前からご存知だったようです。登録時点では「いずれは投資銀行に行きたい」という漠然としたキャリアプランしかなかったということですが、会社の先輩から「そういう相談ならアンテロープでいいんじゃないか」とアドバイスされ、話を聞きに来たということでした。

お会いした担当コンサルタントより、これまでのJ・Tさんの経験に照らし、どのようなキャリア展開の可能性があるかにつきご説明致しました。具体的な企業の求人資料などをお渡ししたものの、すぐにアプライを迫ることはせず、今後も情報交換をすること、そして中長期的なサポートをさせていただくお約束をしてミーティングは終了しました。

それから数カ月後、J・Tさんより自己ルートで大手FASにアプライし、その選考が内定直前まで進んでおり、転職活動についてご相談したい旨の連絡がありました。
M&Aアドバイザリー業務に携わるからには、より一層厳しい環境で働き、業界の一線で働きたいという想いが強くあり、外資系投資銀行への転職を実現させたいとのことでした。一方で、厳しい環境である旨はこれまでにも友人等から聞いていたことから、若干の不安があったようです。そこで、当該業界に精通したアンテロープにご相談いただいたとのことでした。

担当コンサルタントから

ご自身は不安があったとおっしゃっていますが、私からすればJ・Tさんは十分投資銀行でやっていける人材ではないかと思っていました。スキルセットや能力もさることながら、J・Tさんにはタフな環境でも仕事をこなせるだけの適応力があると感じていたからです。これまで様々な方の投資銀行へのご入社をサポートしてきましたので、最後にカギを握るのは激しい働き方に耐えうる適応力や素直なメンタリティなのだということは分かっていました。

担当コンサルタントは、外資系のブティック型投資銀行でオープンになっていたM&Aアドバイザリーのポジションを紹介。その結果、J・Tさんは投資銀行からの内定を勝ち取りました。入社後は当初の想定通り、深夜や週末も働く厳しい環境ではあるものの、優秀な方々と切磋琢磨しながら充実した日々を送ってらっしゃるとのこと。ここでしっかりと経験を積んでいけば、同業他社をはじめとして、新しく活躍の場を広げることになるものと確信しています。

J・Tさんからのメッセージ

アンテロープさんは非常に実績があるエージェントであり、クライアント企業からの信頼も厚く、書類選考の通過率が高かった印象です。業務と並行して転職活動を行う以上、無駄な時間を使わなかったのは非常に感謝しております。投資銀行に入って数カ月経った今思うのは、やはりスマートで、かつ精神的にも体力的にもタフな方が多いということです。個々の能力の高さ以上に、結果を出すために継続して努力し続けることが求められます。投資銀行を目指す方は、自身がこのタフさを備えているかを確認していただいた方がよろしいかと思います。併せてExcelとPowerPointは相当使いますので、少しでも早く帰るためには処理速度(効率性)を上げる弛まぬ努力が必要です。最後に、採用面接の場での一般論にはなりますが、表面的な言葉ではなく本心をきちんと伝えること、聞かれたことに的確に答えることを意識すれば、いい結果につながるのではないかと思います。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。