転職ケーススタディ「ブティック系投資銀行から日系ファンド・オブ・ファンズへ」

ブティック系投資銀行のアシスタント・マネージャーから、日系ファンド・オブ・ファンズのアシスタントVPへ転職されたT・Kさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

T・Kさん(30代/男性)私立大学卒
BEFORE
[アシスタント・マネージャー]ブティック系投資銀行
AFTER
[アシスタントVP]日系ファンド・オブ・ファンズ

T・Kさんは大学卒業後に米系大手商業銀行に入社、プライベートバンキング業務に携わりました。その後ブティック系投資銀行へ転職し、主にエクイティおよび債権投資に関するピッチブック作成、デューデリジェンス、交渉実務等、またM&Aアドバイザリーサービスの提供に従事し、プロフェッショナルスキルを磨かれてきました。ご本人は専門性を高めたいとのご意向がありましたが、前職では部門間の異動が多く、各業務の経験が浅くなってしまうとの懸念から転職活動に入られました。当初はIB、PEファンド等をご希望でしたが、市況の落ち込みと時期が重なってしまい企業側の採用意欲が極めて薄い状況でした。そこで、タイミングよくご依頼いただいたFoFでの求人を当社からご紹介いたしました。熟考のうえ、当初希望されていたPEを投資対象とするFoFにも魅力を感じられアプライに至りました。

成功のポイント

前職でIB業務のご経験があり、社内外のステークホルダーをまとめられるコミュニケーション能力(加えて、それを可能にするビジネスレベルの英語力)をお持ちだったことが高評価につながりました。実は、T・Kさんは以前このFoFにアプライされており、その際も採用サイドにいい印象を持たれていたようです。しかるべき時期を待ち、じっくり再挑戦のタイミングを見計らったことも成功につながりました。

今後のキャリアパス

日本でのFoFのプレゼンスは欧米に比べてまだ小さいですが、今後規模の拡大が見込まれるため、高い専門性を身につけていけばオポテュニティもおのずと広がっていくものと思われます。場合によっては生損保や年金等、投資家側へ転身するという可能性も十分あり得るでしょう。

T・Kさんより

30代になって、より高いレベルで仕事がしたいと思うようになり、転職活動を始めました。これまでの職歴から軸はファイナンスとカバレッジだと自己分析し、その延長にある目標を見据えてIBやPEファンドへのアプローチを考えました。その中で現職の紹介を受け、自分の目標とする将来像に繋がっていると感じ志望しました。GPサイドからLPサイドに移ったことで一歩下がった目線になり、さらに国内だけでなくアジアを中心に海外PEファンドも見るようになったため、視野が格段に広がりました。現在は刺激的な日々を過ごしており、転職して良かったと感じています。

転職を考えられている皆様には、これまでの経験の棚卸しと、そこから何を目指していくかについて徹底的に考え、整理することをお勧めしたいと思います。日本経済の環境次第ではアプライ先が豊富にあるわけではないと思いますが、受け身になって取り敢えず決まったところに転職する、というのではなく、自分の目標に繋がる道かどうか、という基準でこちらが選別していることを強く意識し、焦らずにゆっくり余裕をもって活動された方が良いと思います。

アンテロープ様は主にIB、PEファンド等に特化したサービスを提供されており、私にとっては目指すべき方向性がマッチしていたため、とても魅力的な紹介とアドバイスをいただくことができました。また、転職ありきではなく、キャンディデートの将来にとって何がベストか、という基準で判断をしていただけるので、とても信頼しておりました。深く感謝申し上げます。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。