転職ケーススタディ

大手金融機関系投資ファンドの投資プロフェッショナルから、独立系投資ファンドの投資プロフェッショナルへ転職されたY・Eさん(30代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

Y・Eさん(30代/男性)私立大学卒
BEFORE
[投資プロフェッショナル]大手金融機関系投資ファンド
AFTER
[投資プロフェッショナル]独立系投資ファンド

Y・Eさんは公認会計士で、国内大手監査法人にてさまざまな企業の監査業務を経験する一方、M&Aや企業再生等に関するデューデリジェンス業務等を経験しました。その後、国内大手金融機関系の投資ファンドに移り、投資業務やアドバイザリー業務に携わり、ここでも多くの実績を残されました。その中で投資業務の本質を理解するも、大手傘下ならではの制約の多さから純粋にそれを追求することが簡単ではないとの思いを強くされました。そこで、より純粋に投資業務を行える環境に身を置くことでさらに高いバリューを提供することができると考え、独立系のファンドを希望されるに至りました。

成功のポイント

前職で多くの実績をあげて、インベストメント・プロフェッショナルとして高く評価されていたことは、当たり前のようですが重要なポイントです。さらに投資業務を行う既存のメンバーと価値観が一致したこと、自分が提供できるもの(スキルやノウハウ等)を明確に示せたことで、選考は非常にスムーズに進みました。また、事前にそのファンドについての情報を十二分に取得したうえで面接に臨まれたことも、良い結果が出た要因であると思われます。

今後のキャリアパス

投資という実務を通して企業の成長を支えていくプロフェッショナルとしてスキルアップしていくキャリア、また投資ファンドそのもののマネジメントも目指せます。場合によっては、事業会社のストラテジック・バイヤーや投資先企業のCxOという選択も、今後のキャリアとして可能だと思います。

Y・Eさんより

【投資ファンドから他ファンドへの転職を考えている方々へ】
投資ファンドでの業務を経験された方であれば、知識やノウハウはすでに身につけられていると思いますので、テクニカルなスキルを磨きたいと思っている方は少ないでしょう。その上で、さらに投資ファンドでキャリアを積まれたいと考えるのであれば、検討すべきポイントは、ファンドの投資方針と自らが考える投資スタイルが一致しているかということだと思います。それらが異なると、折角の魅力的な業務にもかかわらずストレスを抱えながら投資に携わることになり、自らが考える投資業務の本質をつかむことができないでしょう。日本には、投資ファンドが数多くあります。しかも、ファンドの数だけ投資方針も異なると考えていいでしょう。自分の価値観に見合ったファンドを探すことをお勧めします。さらに言えば、自分で自分好みのファンドを組成することも視野に入れてもいいかと思います。

【幅広く転職を考えている方々へ】
投資ファンドに参画するということは、様々な知識やノウハウを必要とします。しかし、弁護士や会計士と違って専門家の集団ではありません。したがって、専門家並みの知識やノウハウは必要としませんが、理解及び関係者と対話ができることが必要になります。そのためには、投資業務における様々な場面で、瞬間的に物事の本質をつかめるスキルがもっとも重要となります。これは教科書等で学べるものではなく、各関係者が置かれている立場やそれぞれの思いまで斟酌することのできるスキルを意味します。投資ファンドに従事したいと考えている方々にとって、これらの要求水準を十分に満たすことができる方であれば、自らのスキルを思う存分発揮できる場所であると考えられます。一方、これらのスキルが一つでも要求水準を満たさないと非常に厳しい場所になってしまいますので、覚悟をもって飛び込んでいただければと思います。

アンテロープ社は、このようなポイントを総括的に吟味して対応していただけると思います。私も非常に有意義な転職活動となり、アンテロープ社には深く感謝しております。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。