転職ケーススタディ

大手小売企業の経営企画担当取締役から、独立系投資ファンドのマネージャーへ転職されたR・Aさん(40代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

R・Aさん(40代/男性)私立大学卒
BEFORE
[経営企画担当取締役]大手小売企業
AFTER
[マネージャー]独立系投資ファンド

R・Aさんは新卒で都市銀行に入行し、大企業向け資金調達業務を中心に営業分野で実績を積んできました。米国でMBAを取得した後、米系戦略系コンサルティングファームに参画。マネージャーとして消費財・ハイテク・金融業界を中心に事業戦略、マーケティング、M&A、業務提携、PMI、組織再編、オペレーション改善等のプロジェクトに従事しました。その後、スポーツ用品専門の販売を行う事業会社に移り、全社的収益構造改革の主導、新ブランドの立ち上げ、マーケティング手法刷新、店舗オペレーションの効率化等を実行されました。この会社を見事に東証上場まで導き、それらが一区切りついたところで、これまでの経験を総合的に発揮できる新たなフィールドに挑戦したいという希望を持たれ、その実現性を見極めるために当社にご登録いただきました。

成功のポイント

R・Aさんは投資業務だけが未経験でしたが、これまでのキャリアでコーポレートファイナンス、戦略立案、事業会社におけるM&Aの経験を積まれており、それぞれで高いパフォーマンスを上げていらっしゃいました。また、ご本人がそれらをご自身の強みとして正しく認識をされており、かつそれを我々や企業に適切に伝えられるコミュニケーション能力をお持ちだったことが成功につながったものと考えられます。

今後のキャリアパス

投資ファンド業界内でも「金融機関」「コンサルティングファーム」「事業会社」の3つの業界の経験を持っている方は、そう多くありません。現時点でも投資後の戦略策定など強みといえる分野をお持ちですが、例えば、現職で投資案件のソーシング経験を積まれれば、相当幅の広いインベストメントプロフェッショナルとなられるでしょう。また、経営のプロフェッショナルになることも今後のキャリアとしては想像に難くありません。

R・Aさんより

【投資ファンドへの転身をお考えの方々へ】
投資ファンドの仕事を本当に楽しむためには、非常に多様な実務分野(ファイナンス、会計、法律、税務等)について専門家と伍していくため真摯に勉強する姿勢と、企業経営に関する戦略的思考・分析能力が必要条件であり、それらに加えて交渉スキルや人間力が求められます。「総合格闘技」と表現した方がいましたが、イメージとしては間違っていないように感じます。金融業界の方は、ご自身が企業経営に対する高い問題意識・熱い思いを持っているかを客観的に分析された上で、転身を検討されることをお勧め致します。一方コンサルティング業界(特に戦略ファーム)の方は、それまでは軽視しがちであった会計・税務・法律等の細かい実務知識を、今後日々地道に学習する覚悟があるかどうか、ご自身に厳しく問うた上で志望されることをお勧め致します。これらの面で自分を誤魔化して転身してしまうと苦労しますが、逆にこうした意識をお持ちの方であれば、最高の刺激と興奮に満ちた職業の一つであることは間違いありません。

【広い意味で転職をお考えの方々へ】
なるべく身近な人の中で「将来この人のような仕事をしたい」というロールモデルを見つけて、そのために必要なことは何かを考えて転職活動をするのが良いのではないでしょうか。日本国内に拠点を置いて仕事をする場合には、企業ガバナンスやキャリア市場の構造が異なる米国の例はロールモデルにすべきではありません。また、可能ならロールモデル本人に相談することができれば理想的です。
転職活動をすると、年齢やキャリアに応じて「なんとなく良さそう」な機会がいろいろと目の前を通り過ぎるので、思わず飛び付いてしまうことも多いと思います。が、金融機関でのジョブローテーションやコンサルティングファームでのビッド方式プロジェクトで段階的に育ててくれる企業は稀ですので、ポジションと業務内容の妥協は禁物です。イメージ先行や業務負荷を基準にしたような転職活動だけは避け、具体的にどういう仕事が待っていて、それが自分の性に合いそうかどうか、自分に正直に分析することが必要かと思います。

アンテロープ社には、各企業の社風の違いや、具体的面接内容に関する得難いアドバイスをいただきました。非常に効率的な転職活動ができたことに深く感謝しております。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。