転職ケーススタディ

総合系コンサルティングファームのコンサルタントから、日系企業再生ファンドのアソシエイトへ転職されたA・Tさん(20代)のご経歴や活動内容をご紹介いたします。担当コンサルタントが考える転職成功のポイントやご本人からのメッセージもあわせてご紹介いたします。

A・Tさん(20代/男性)国立大学卒
BEFORE
[コンサルタント]総合系コンサルティングファーム
AFTER
[アソシエイト]日系企業再生ファンド

A・Tさんは工学部を卒業され、新卒で外資系大手コンサルティングファームへ入社しました。メーカーや金融機関を中心として事業戦略立案、組織・人事領域、SCM領域の業務改革、IT戦略策定など、さまざまなプロジェクトを経験。成長が実感できるエキサイティングな業務ではあったものの、成果(結果)に対する実感や報酬面での物足りなさを感じ、より事業主体に近い立場での就業環境を志向し、ハンズオン型の事業再生に取り組めるポジションへの転職を希望されました。また同時に、今後マネジメント層へと近づくために必要なコーポレートファイナンスの知識・スキルを向上させられる環境も望んでいました。

成功のポイント

A・Tさんは、当初から次の仕事に対する志望動機が明確であり、希望する企業再生ファンドから内定を取るための十分な経験をお持ちでした。ただし、PEファンドの採用動向は、一般には情報がほとんど公開されていません。そこでそういった企業の具体的な採用情報をリサーチされるために、弊社へご登録されました。結果的には、弊社からご紹介した複数のPEファンドから内定を取られ、その中からもっとも希望される1社への入社を決定されました。
収入面では、入社した企業以上の提示額をいただいた企業もありましたが、職場環境、仕事内容からA・Tさんにとって最良の企業を選択されたように思います。転職市場の情報を取得しにくい業界では、そのマーケットに強い人材エージェントを活用することが必要です。A・Tさんは、弊社コンサルタントと信頼関係を築いていただき、上手く弊社を利用していただけたのではないでしょうか。

今後のキャリアパス

現職では、企業価値の向上という明確でシビアな尺度において、これまでよりもさらに実践的な経営支援業務を経験されることと思います。また、企業価値向上施策としてM&Aが浸透する中で、今後のマネジメント人材に必須とされるコーポレートファイナンスの知識・スキルも蓄積されていくのではないでしょうか。今後は、ディールにおけるご本人の活躍領域を広げていくことによって、社内でのプロモーションに繋がり、また、投資先でのマネジメントなどへ活躍の場も拡大していかれると思われます。

A・Tさんより

【入社後に気づいた業界、自社、仕事内容の特性】
転職活動の際から意識はしておりましたが、想像していた以上に、投資家としての視点、コンサルタントとしての視点、経営者としての視点の3つの視点を両立させることが難しいことでしょうか。アップサイドへの希望とダウンサイドリスクへの配慮、経営者としての熱い気持ちと投資家としての冷静な判断、これらを常に使い分けた意思決定を行っていくことが要求されます。チャレンジングな環境ではありますが、成長スピードも加速していると感じております。

【転職活動を振り返って】
コンサル業界もしかりですが、求人自体や世の中に出回る情報の少ないPEファームですので、専門家として、アンテロープ社にご協力いただき、業界情報や面接へのアドバイスを頂戴したことが、成功の秘訣だと思っています。

あなた専任のキャリアコンサルタントが、転職活動を強力にサポートいたします(無料)。
弊社では大量の求人へのアプライを無理強いしたり、すぐに転職するよう急かしたりすることは一切ありません。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。